支部長挨拶

「全員参加型の支部活動」を実践しております。

 東京税理士会向島支部のホームページにアクセス頂きまして、ありがとうございます。平成27 年6月より支部長
を務めております、藤間でございます。
 日本の税制は、国庫の財政難や経済のグローバル化を
受け、毎年めまぐるしく変化しております。平成27 年の
税制改正においても、国外転出に伴う有価証券等のみなし
譲渡規定の創設、贈与税の非課税規定の拡大など、大きな
改正がいくつもございました。特に、消費税については、
電子書籍などの国際的なサービスに対する課税について、
仕入れた者が消費税を納税する、リバース・チャージ方式
が事業者間の取引において導入されました。
 また、消費税といえば、消費税率10%への値上げに伴う
軽減税率の導入が議論されております。更に、平成28 年
1 月からは、マイナンバー法が本格的に施行されます。
 このように、税を巡る状況がめまぐるしく変化する中で
経済活動を行うにあたっては、税務の専門家、税理士の
関与が不可欠です個人事業者の方のみならず、相続対策や事業承継対策でお悩みの方など、
税金のことについて不安な点がございましたら、ぜひお気軽に当支部までお問合せ下さい。

 当支部の会員数は、平成27 年4 月末現在86 名と、東京税理士会48 支部の中で最も小さな支部で
あります。しかし、下町ならではの地域との密接な繋がりを大事にし、支部会員である税理士の地域
への貢献をサポートできるよう、「全員が主役」の支部でありたいと思っております。
 また、今や墨田区の一大ランドマークとなった東京スカイツリーは、ソラマチを含め、日本の商業
観光の中心になりつつあります。墨田区の地域経済が活性化していく中で、新たな時代の息吹に対応
しつつ支部の50年の歴史の中で培われてきた長年の地域の皆さまとの絆を大事にしながら、地域へと
貢献していける支部でありたいと思っております。

 地域へと貢献するためには、税理士としての資質向上が不可欠です。
 このため、研修について、一事業年度における研修義務時間36 時間が新たに東京税理士会の会則で
規定されました。このことにより、一層税理士の資質向上が図られております。
 また、地域貢献としては、従来の2、3 月の確定申告の時期、及び11 月の「税を考える週間」に
おける税の無料相談、墨田区役所における区民税務相談に加え、新たに相続税の改正に伴う相続税の
申告相談につき、相談担当者を選任し、支部としていつでも対応できる体制を整えております。

 さらには、国民に信頼される民主的な租税制度の発展に資するため、地域の小中学校において租税
教室を開催しております。

 当ホームページには、向島税務署管内の税理士が地域別に掲載されております。
税務に関するご相談がございましたら、当支部へのお問合せをしていただくことはもちろん、ぜひ
お近くの税理士事務所へのお問合せも検討していただけたらと思います。
当ホームページが、ご覧いただいている皆さまの税務に関する不安や疑問を解決する糸口を提供
できれば幸いです。

Page Top