東京税理士会 向島支部は、
「全員参加型の支部活動」を実践しております。






支部のご紹介

支部の沿革

東京税理士会向島支部のある墨東・吾嬬の地は、寺社が多く古くから文人墨客に親しまれ、震災や戦災等の苦難を乗り越えつつ、都内有数の工業地として発展してきた、東京下町の文化と活力を感じる地域です。

当支部は、昭和39年6月、税務行政区域の変更により、墨田税務署が本所署と向島署に分割されたことに伴い、東京税理士会墨田支部を分割し、東京が35 区で市制を施行していた時代の区名を冠した独立支部として誕生し、戦後の経済を支えた地域の中小企業や住民の身近なパートナーとして、戦後発展の激動期を 共に歩み、発足当時の会員34名の当支部も、税理士法人を含め98名(平成23年5月末現在)を擁する支部となり、平成26年には創立50周年を迎えました。

税理士はこんな仕事をしています

税理士はあなたの暮らしのパートナー いつでも気軽にご相談下さい

申告書の作成 あなたにかわって所得税・法人税・消費税・相続税・贈与税などの申告書を作成します。
税務代理 申告・申請の代理、税務調査の立会い、税務署の決定に不服がある場合の不服申し立て・その他について代理します。
税務相談 税金のことで困ったときや、分からないときは相談に応じます。
会計帳簿の作成 会計帳簿や決算書類の作成、その他財務に関する事務を行います。
社会貢献 「区民相談」や「確定申告期間」中に税務相談を行っています。
また、地方公共団体の外部監査、裁判所の民事・家事調停委員など知識を生かして地域社会に貢献しています。
     支部へのメールはコチラから送れます

Page Top